医師紹介

小児科医 院長 舘岡 昇(たておか のぼる)

ご挨拶

小児科   院長 舘岡 昇(たておか のぼる)

  2017年10月より太陽クリニックに勤務し、今年の7月に院長に就任致しました。
  小児科は感染症が大部分を占め、季節によって流行する感染症は多岐に渡ります。
インフルエンザやRSウィルス感染症、ロタウィルス腸炎などは急に悪化することも多く、適切な治療が要求されます。皆様に安心してお任せいただけるよう、努めてまいりますので、よろしくお願い致します。
 近年アレルギーのお子さんが大変多くなっています。食物アレルギーでは、原因となるアレルゲンを特定し、アレルギーを起こす食物であっても「食べられる量まで食べることが大切」とされています。
また2018年の6月から、小児のスギ花粉症に対する舌下免疫治療ができるようになりました。アレルギーで困っている方はご相談ください。
 その他にも夜尿症や片頭痛、低身長の治療にも長年携わってきました。皆様が安心して受診できますよう、地域の小児医療に微力ではありますが貢献していきたいと思っています。
どうかよろしくお願い致します。

専門分野

小児科(小児感染症、アレルギー疾患:食物アレルギー・花粉症・喘息、夜尿症、低身長症、片頭痛など) 


略歴

  • 1983年
    弘前大学医学部卒業
  • 1987年 
    弘前大学医学部医学科大学院卒業
    医学博士号取得
  • 1989年
    独立行政法人国立病院機構弘前病院小児科勤務
  • 1996年
    青森市立浪岡病院小児科勤務
  • 2010年
    青森市立浪岡病院副院長就任
  • 2017年
    医療法人社団大日会太陽クリニック勤務
  • 2018年
    医療法人社団大日会太陽クリニック院長就任